モリヒコアンドジオルタナティヴ店舗画像1
モリヒコアンドジオルタナティヴ店舗画像2
モリヒコアンドジオルタナティヴ店舗画像3
モリヒコアンドジオルタナティヴ店舗画像4
モリヒコアンドジオルタナティヴ店舗画像5
モリヒコアンドジオルタナティヴ店舗画像6
モリヒコアンドジオルタナティヴ店舗画像7
モリヒコアンドジオルタナティヴ店舗画像8
モリヒコアンドジオルタナティヴ店舗画像10
モリヒコアンドジオルタナティヴ店舗画像9

MORIHICO&THE ALTERNATIVE

MORIHICO&THE ALTERNATIVE

ホールビーンショップとして自社焙煎したオーガニックコーヒーをはじめ、スイーツや最新の器具などを取り扱う「MORIHICO & THE ALTERNATIVE」。店名の頭文字を取って、通称“MA”。農薬や化学肥料を使用せず、信頼のおける農園で育んだ有機コーヒー豆を仕入れから焙煎、販売まで一貫して行っている。初心者から上級者まで納得のラインナップは常時20種類ほど。最近ではこれまで大量に廃棄されてきたコーヒーチェリーの果実(カスカラ)をアップサイクルした甘酸っぱい「コーヒーチェリーシロップ」の販売も始めた。

MORIHICO&THE ALTERNATIVE

《MORIHICO.》が大切にしていることのひとつに「事業活動が環境に負荷を与えないように絶えず考え、そして行動する」というものがある。自分たちが世の中に対してどういったプレゼンテーションができるのか。新たな試みや未来への可能性を示す、最先端のコーヒーカルチャーとは一体何なのか。

MORIHICO&THE ALTERNATIVE

その答えのひとつが、売り上げの1%を地域の自然環境保護団体へ寄付すること。《MORIHICO.》は世界5,000社以上からなるグローバルネットワークの非営利団体<1% for the Planet>に加盟している。例えば、ドライブのおともに持参したポットのコーヒー。雄大な北海道の自然の景色を眺める時、その一杯がこの豊かな景観を守るために小さくとも確かに役立っていると実感できたら、とても素敵だ。

MORIHICO&THE ALTERNATIVE

中心部の商業施設という立地も相まって、ギフト利用も多いMA。来店のきっかけは《MORIHICO.》のコーヒーを買いたいという場合もあるし、あるいはオーガニックに興味があるという場合も。「オルタナティブ」という言葉は選択肢を提案する概念。おいしいことは当然としてライフスタイルの提案によりゲストの選択肢が増えること。売り手と買い手、そしてそれが社会のためになるコーヒー事業。《MORIHICO.》が目指すのは、そんな未来なのだ。

モリヒコ アンド ジ オルタナティヴ

News

●営業時間の変更のお知らせ

【2/15(日)】
10:00-18:00

【2/19(月)】休業

ADDRESS 060-8502
北海道札幌市中央区南1条西3丁目3 札幌PARCO B2F
TEL 011-350-3687
OPEN 10:00-20:00(土曜のみ20:30)
CLOSED パルコ営業日に準ずる
P 館内有料駐車場・提携駐車場(カモンチケット)あり
ACCESS 地下鉄「大通駅」直結、市電「西4丁目」徒歩1分
SHOP LIST